オリジナルブランド「上海問屋」など、アキバらしいこだわった品揃え! アキバの老舗PCショップ「ドスパラパーツ館」

<パソコン・ガジェット> <PCパーツ>

2016年1月22日に移転リニューアルされたばかりのアキバ老舗PCショップ「ドスパラパーツ館」。自作PC用アイテムを中心に、新商品をいち早く取り扱えています。

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

店舗入口にはイベント展示コーナーが用意されており、オモシロ商品や話題の新製品が入荷した際には期間限定で展示が行われます。

ドスパラパーツ館

取材時に展示されていたのは世界最大規模のPC関連展示会「COMPUTEX TAIPEI 2015」で話題を呼んだ、電動でケースの開閉ができるIN WINの「H Tower」が展示販売。店員に声をかければ、実際の開閉がどのように行われるか見させてもらえます。

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

パーツ検証ブログから生まれた自作PCパーツセット「パーツの犬」のラインナップ。店員によって実際レビューされた商品を組み合わせて作られたセットなので、ケース内の部品干渉や相性問題もクリア。自作PC初心者の方にオススメ。

ドスパラパーツ館

2階はグラフィックボードや電源、PCケースなどがラインナップ。

ドスパラ限定カラーの品を用意されているENERMAXのPCケース「Fulmo-Q」がおしゃれで、3,000円台からと価格的にもお手頃。

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

グラフィックカードでは「ドスパラパーツ館」で充実したラインナップを誇るPALiT(パリット)というメーカーのものがオススメ。

ドスパラパーツ館

アキバではおなじみ、さまざまな周辺機器を展開している「玄人志向」ブランドも豊富。文字通り「玄人向け」のピーキーな商品展開で、アキバでは安定した人気を誇るブランド。

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

先ほどの「COMPUTEX TAIPEI 2015」で話題だった新型ケースや、一度は使ってみたい水冷キットなども展示販売。

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

3階はモニター関連の取扱のほか、ドスパラブランドのひとつ「上海問屋」のアンテナショップとして展開。生活用品からカー用品、PCパーツ、カメラ・ビデオ周辺グッズなど、幅広い展開をしている「上海問屋」のオモシロアイテムや便利グッズが所狭しとラインナップ。

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

最大同時に5つのUSB機器を接続できる5ポート充電ステーションは、すべてのポートで安定した電圧・電流で充電可能。デジカメやスマホ、携帯ゲーム機などガジェット複数持ちのアキバ民なら必携。

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

スマホのカメラにつけて、サイドバイサイド方式の3D動画や写真を撮影できるようにするアタッチメントレンズ。鏡を利用した単純構造の商品ながら、これだけで3D用映像を撮影可能。

ドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館

撮影した3D映像を手軽に見られる、スマホ用ヘッドマウントディスプレイキット。前面カバーを開けてスマホをセット後、レンズからスマホを覗けばサイドバイサイド方式の映像や写真を3D映像として楽しめます。

ドスパラパーツ館

汚れても「水洗い」が可能な防水使用キーボードもユニークな一品。

ドスパラパーツ館

<ショップデータ>

LINEで送る