100年前にタイムスリップしたようなショッピングモール「mAAch ecute 神田万世橋」

<ショッピング> <歴史・史跡> <鉄道> <飲食>

現在アキバと言えば「JR秋葉原駅」ですが、それ以前には別の駅が存在していたことをご存知ですか。それが1912年(明治45年)に開業した「国鉄万世橋駅」。現在の神田・万世橋のあたりです。当時の面影を残しつつ、新たにショッピングモールとして2013年オープンしたのが「mAAch ecute 神田万世橋」です。

a

内側にコンクリートパネルで補強を加えているものの、特長的なアーチ構造は当時の万世橋駅のまま。

a

川の反対側にあるアーチを利用してワインバルや日本酒バー、そしてベーカリーやスイーツショップなどバラエティ豊かな飲食店が立ち並ぶ。

a

a

初代駅舎のプラットホームに続く階段にも、歴史を感じます。

a

a

階段を上がった先は、JR中央本線が通る路線上。ガラス1枚を挟んだ目の前を電車が通り過ぎていきます。撮影スポットとしてオススメ。

a

旧プラットホーム反対側の下り階段は、1923年(大正12年)関東大震災で倒壊してしまった駅舎を再建した2代目駅舎のもの。

a

階段の踊り場にはタッチパネル式のデジタルサイネージが設置。万世橋駅と周辺の歴史を見られます。

a

a

a

a

1Fのモール中心部には、開業当時の万世橋駅付近を再現したディオラマが展示。赤レンガで建てられた万世橋駅は、現在も残る東京駅の赤レンガ駅舎をデザインした辰野金吾氏によって手掛けられたのは押さえておきたい豆知識。

a

a

ディオラマの隣にあるお土産ショップ「LIBRARY」。万世橋と銅像のイラストを焼印したオリジナルどら焼き(1個250円・税込)や、ポストカード(1枚157円・4枚セット628円・税込)が人気。

a

a

表と裏を使って、現代と開業当時の地図を重ね合わせられる神田タイムスリップマップは600円・税込。

a

秋葉原や神田の歴史にまつわる書籍が集まったスペースも。全て購入できます。

a

アキバの今昔を楽しめる新しいランドマークとして立ち寄りたいスポットです。

<ショップデータ>

  • 店名:mAAch ecute 神田万世橋
  • 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-25-4
  • 営業時間:(月曜日~土曜日)11:00~22:30 (日曜日・祝日)11:00~20:30
      ※レストラン・カフェと営業時間が異なります。詳細はHPをご覧下さい。
  • 電話番号:03-3257-8910(電話受付:9:30~18:00)
  • HP:http://www.maach-ecute.jp/
LINEで送る