秋葉原で”森の妖精”と触れ合える癒しのスペース「アウルの森」

<癒し> <夜まで営業> <1000円以下でも楽しめる>

秋葉原の街中に居ながら世界中のフクロウたち約30羽と森林をイメージしたスペースの中で触れ合える動物カフェです。

「フクロウが持つ不思議な力で、できるだけ多くの人々を笑顔にしたい。」という社長さんの思いを反映して1人890円~と非常にリーズナブルな価格もこのお店の特徴です。

休憩&ドリンクスペースとフクロウと触れ合うスペースが分かれています。

休憩&ドリンクスペースとフクロウと触れ合うスペースが分かれています。

休憩&ドリンクスペースとフクロウと触れ合うスペースが分かれています。
触れ合いスペースでも飲食できますが、歩きながらの飲食はNGなので要注意!
みんなフクロウを驚かさないように静かにスタッフにフクロウを手に乗せてもらったり、写真を撮ったりして楽しんでます。

『アウルの森』のフクロウは全て孵化から人に育てられたCB(captive bred)個体。

 『アウルの森』のフクロウは全て孵化から人に育てられたCB(captive bred)個体。

「『アウルの森』のフクロウは全て孵化から人に育てられたCB(captive bred)個体。人間に慣れているので安心して触れ合えます。」(社長)

時間帯によってはお客様の半分くらいが海外から来られた方、ということもあるそうです。

「生まれて初めてフクロウに触れました。すごく素敵でとても癒されました。」

大型から小型までたくさんのフクロウがいます。

大型から小型までたくさんのフクロウがいます。

大型から小型までたくさんのフクロウがいます。小型以外のフクロウを手に乗せる場合はミトンのグローブを着けてからスタッフに乗せてもらいます。触るときは毛並みに逆らわずに静かに撫でてあげましょう。

生き物なので排泄物があることも。手に乗せてもらう際には注意をしておいた方が良いでしょう。

 生き物なので排泄物があることも。手に乗せてもらう際には注意をしておいた方が良いでしょう。

意外だったのは個人的には臭いがほとんど気になりませんでした!
それと生き物なので排泄物はあります。手に乗せてもらう際には注意をしておいた方が良いでしょう。 

店内で販売している”ふくろうストラップ”。

店内で販売している”ふくろうストラップ”。手彫りなので、全て顔が違います。

フクロウは1日の9割を同じ場所で動かず、残り1割で狩りを行っているとか。

フクロウは1日の9割を同じ場所で動かず、残り1割で狩りを行っているとか。なので、自分の場所が決まっていると落ち着くのだそうです。

フクロウと触れ合っていると心が穏やかになっていく気がします。

フクロウと触れ合っていると心が穏やかになっていく気がしました。これが“不思議な癒しの力”なのかもしれませんね。

開店直後は比較的混み合うことがあるそうです。確実に遊びたい場合は事前に予約をしておくことがオススメ!
アキバ散策に疲れたときに寄ってみては?

<ショップデータ>

  • 店名:ふくろうと遊べるおみせ「アウルの森」
  • 住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-8 5F
  • 営業時間:平日 13:00~23:00 (水曜日のみ 17:00 OPEN)
          土日祝 12:00~23:00
  • 利用料金:890円(税込)  (入園料+ソフトドリンク1杯付き)
          ※ご利用は原則1時間制となります。
          ※ドリンクの追加はソフトドリンクは¥100.-、アルコールは¥540.-です。
  • 電話番号:03-3254-6366
    ※予約可(混雑中は電話に出られない場合もあります。その場合は時間をおいて掛けなおしてください。)
  • HP:http://2960.tokyo/
LINEで送る