市場感覚の気軽さがウリ!フレンドリーな中古カメラ専門店「インティアズ・カメラマーケット」

<ホビー> <カメラ> <ビンテージ>

海外観光客が増え、国際色豊かとなったアキバでも、海外の方が店長というお店はそれほどありません。「インティアズ・カメラマーケット」はパキスタン出身の店長ミルザさんが切り盛りする中古カメラ専門店。デジタルカメラも取り扱っていますが、メインはフィルムカメラ。「最近はフィルムカメラが人気で力を入れています。海外のお客様が中心ですが、フィルムカメラを始めたいという女性が多くいらっしゃいますよ」とミルザさん。

床から天井まで、壁全面にカメラがギッシリ。
床から天井まで、壁全面にカメラがギッシリ。

カメラで埋め尽くされた店内には、取材当日も新たに入荷した商品がケースに詰められたままで「陳列するためのスペースを作るのが大変です」とスタッフさんがこぼすほど充実の品揃え。

LEICA最後のフィルム機「R9」
LEICA最後のフィルム機「R9」

実際に手に持って確認できます
実際に手に持って確認できます

35mmフィルムに対応したカメラは、CanonやNikon製のものからドイツの老舗カメラブランド「LEICA」まで種類も豊富。

固定レンズが特徴の「RICOH 126-C AUTO CdS」
固定レンズが特徴の「RICOH 126-C AUTO CdS」

1969年11月発売「RICOH 126-C AUTO CdS」などビンテージ物を含め、多くのカメラが並んでいますが、在庫は常に変化するのでお店で確認しましょう。

中判カメラの「ASAHI PENTAX 6x7」。手に持つと迫力あります。
中判カメラの「ASAHI PENTAX 6x7」。手に持つと迫力あります。

PENTAXは現在もデジタルカメラで中判サイズを製作しているメーカー。「ばけペン(お化けのペンタックス)」という俗称が付くくらい、サイズの大きさが特徴。

「MAMIYA C220」
「MAMIYA C220」

クラシックカメラといえば2眼レフカメラ。レンズもボディも綺麗で状態も良好です。

交換レンズの在庫も豊富
交換レンズの在庫も豊富

マウントの種類さえ合えば、フィルムカメラ・デジタルカメラどちらでも利用可能なのが交換レンズの魅力。
マウントの種類さえ合えば、フィルムカメラ・デジタルカメラどちらでも利用可能なのが交換レンズの魅力。

デジタルカメラコーナーも。手に取るときには店員に一声かけて。
デジタルカメラコーナーも。手に取るときには店員に一声かけて。

コンパクトカメラや望遠ズームカメラがズラリと並ぶ店頭が目印。
コンパクトカメラや望遠ズームカメラがズラリと並ぶ店頭が目印。

<ショップデータ>

  • 店名:インティアズ・カメラマーケット
  • 住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目16-14 ダイサンビル1F
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 休業日:月曜日(不定休)
LINEで送る