蔵のある神田明神下のお休み処「天野屋」

<和食> <デザート・スイーツ> <カフェ・喫茶> <史跡・名所> <いやし>

神田明神の参道入口、鳥居のそばにある創業約170年の「天野屋」。「甘酒」「納豆」「味噌」など、「麹」を使った日本ならではの発酵食品を代々守り続けているのが特徴。昔ながらの風景や伝統の味、日本らしさを秋葉原の近くで体験できるので、ブランチにお土産に立ち寄りたいお店です。

お休み処は「明神の茶屋」という呼び名があります

お休み処は「明神の茶屋」という呼び名があり、神田明神の参拝客が甘味やお茶で一息つける場所として人気があります。

創業当時から続く建物は昔ながらの日本の風情が漂います

創業当時から続く建物は昔ながらの日本の風情が漂います

創業当時から続く建物は昔ながらの日本の風情が漂います

創業当時から続く建物は昔ながらの日本の風情が漂います。

天野屋の名物メニューは、建物の地下にある土室で作られた「甘酒」。

天野屋の名物メニューは、建物の地下にある土室で作られた「甘酒」。

「酒」とついていますが、米から発酵させた「アルコールの無い酒」。

「健康に良く、美容にも良いとして人気です」と店員さん。つけ合せは同じ土室で作られた味噌です。

日本ならではのスイーツも人気です

日本ならではのスイーツも人気です

あんみつやわらびもちなど、日本ならではのスイーツも人気です。

店内にあるお土産コーナーでは日本の伝統食品を取り扱っています

店内にあるお土産コーナーでは日本の伝統食品を取り扱っています

店内にあるお土産コーナーでは日本の伝統食品を取り扱っています

店内にあるお土産コーナーでは、「甘酒」「納豆」「味噌」や「漬物」など、日本の伝統食品を取り扱っています。

気さくで心優しいなおかみさん

気さくで心優しいなおかみさん

 

箸やミニチュアなど江戸風で粋な商品がそろっています

箸やミニチュアなど江戸風で粋な商品がそろっています。

<ショップデータ>

  • 店名:天野屋
  • 住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-18-15
  • 営業時間:
     月曜日~土曜日:11:00~21:30
     日曜日・祭日:10:00~17:00
  • 定休日:4月~12月第1週の日曜日、夏休みあり
  • 電話:03-3251-7911
LINEで送る