無垢の銅から削り出し。イヤホンのプロショップスタッフも唸る高音質「Astell & Kern AK380 Copper」

アキバで追求される「こだわり」の一つ、音質。高音質な音響機器を数多く展開する「e☆イヤホン秋葉原店」にて、極限まで素材と音との相性にこだわったデジタルオーディオプレーヤーを見つけました。その名は「Astell & Kern AK380 Copper (以降、AK380 Copper)」。韓国のメーカーIRIVER(アイリバー)が展開する、究極のフラグシップモデルとして発売されたモデル。

Astell & Kern AK380 Copper

Astell & Kern AK380 Copper

特徴は、見た目も斬新なそのボディシャーシ。素材に純度99.9%という銅を採用し、無垢の銅ブロックを約4時間もかけて削りだして作られているそうで、175gの1台分のシャーシを作るために1.7kgの銅ブロックが必要になるとのこと。銅は管楽器の素材としても広く使われていて元来、音とは相性の良い金属の一つ。また、導電率が金属の中では銀に次いで高く、適度な重量と外部からのノイズを防ぐシールド効果も得られるため、音を取り扱う素材としてはうってつけの素材。

Astell & Kern AK380 Copper

左が「AK380 Copper」。右はボディ素材にジェラルミンを使用している「AK380」。 「AK380」でも十分な高音質を誇るハイレゾ音源対応のデジタルオーディオプレーヤーで、両者はボディ素材以外の性能は共通ですが、実際にイヤホンを刺して聞き比べてみればその差を実感できます。「『AK380』も当然フラグシップモデルとして文句なしの高音質なプレーヤーですが、『AK380 Copper』はさらに適度な柔らかさや、良い意味の重量感が加わって、音楽ジャンルを問わない万能なプレーヤー。」とe☆イヤホン広報の松田さん。

Astell & Kern AK380 Copper

「AK380 Copper」は499,980円(税込)。「価格面からも超高級オーディオと呼べる品で、簡単には手が出せないクラスですが、だからこそこだわりが詰まっている逸品だし、その一つ一つのこだわり方に職人的なものを感じられるのが良いよね。」と松田さん。そんな「AK380 Copper」と組み合わせて利用するならどんなイヤホン・ヘッドホンが良いか、松田さんにセレクトしてもらいました。

Astell & Kern AK380 Copper

一つ目はドイツのメーカーbeyerdynamicの「T5P」。「各音域で艶のある非常に聴きやすい音。音場も広く感じ、良い意味で音に癖がなく『AK380 Copper』の特徴と音質を楽しめると思いますよ。」と松田さん。

Astell & Kern AK380 Copper

Astell & Kern AK380 Copper

もう一つはデンマークのメーカーAIAIAI(アイアイアイ)の「TMA-2」。「この商品は4つの部分パーツを組み合わせてカスタマイズができるのが面白いヘッドホン。思いっきり自分好みのヘッドホンと組み合わせて楽しむのもいいと思いますよ。」と松田さん。

Astell & Kern AK380 Copper

専門スタッフも唸らせる、メーカーがこだわり抜いたフラグシップモデルのデジタルオーディオレコーダー。「e☆イヤホン秋葉原店」ではいつでも試聴できるので、アキバに来たらお手持ちのプレーヤーとの違いを確かめてみよう。

取材協力:e☆イヤホン秋葉原店
住所:東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビル4階
電話番号:03-3256-1701
HP:http://www.e-earphone.jp/

LINEで送る